自己破産すると家族カードも持てない?

自己破産をすると数年間はクレジットカードを持つことができなくなってしまいます。
これは自己破産したことによって、個人信用情報に事故情報が登録されてしまうために生じるデメリットです。こちらに関しては、自己破産だけでなく債務整理手続きを取る上で必ず付きまとうデメリットの1つなので回避のしようがありません。
では、家族カードの場合はどうなのでしょうか?
やはり自己破産をしている以上、家族カードすら持ち歩くことはできないのでしょうか?
今回は、自己破産後の家族カードの所有についてご説明します。

家族カードとは?

まずは、家族カードとは何かを知りましょう。
家族カードとは、家族内でクレジットカードを共有するといった感覚に近いです。
たとえば、夫がクレジットカードを契約し、妻がその家族カードを個別に持つといったケースが多く、様々なサービスがついていてお得感もあることから、家族カードを持っている方も多いのではないでしょうか。
自己破産をすると、この家族カードの取り扱いはどのようになるのでしょう?

家族カードを持ち歩くことはできる

早速結論から言えば、自己破産をしていたとしても家族カードであれば持ち歩くことができます。
というのも、家族カードというのは、もとの契約者の個人信用情報を基に作成されているため、自己破産をした者の個人信用情報は関係ありません。

たとえば、夫が自己破産していたとしても妻が自己破産をせずにクレジットカードを所有しているのであれば、妻が夫用に家族カードを作成し、それを夫に所有させることもできるということ。
もちろん所有だけでなく使用も可能となっています。

自己破産は個人の清算手続き

pixta_21727064_S

自己破産という手続きは、あくまでも個人の清算手続きであると言われています。よって、たとえ家族であってもその影響が及ぶことはありません。

現実問題として、自宅を夫名義で保有していたため、その夫が自己破産するとなれば自宅を維持することはできないため。こういった面で家族への影響は避けられませんが、家族の方の名義で所有している財産への影響は一切ありません。

たとえば、自己破産の手続きの中で同一家計の者の収入証明の提出を裁判所に命じられることはあっても、その者の財産に手がつけられることはありません。単にどういった家計状況になっているのかを確認したにすぎないのです。

自己破産した場合、どうしても家族への影響は不安になってしまいますが、家族の生活への影響は多少なりともあっても、財産に対する影響は皆無といっても良いでしょう。
もちろん夫婦であっても個人信用情報が共通に取り扱われることはないため、夫が自己破産したとしても、妻の個人信用情報にはなんら影響はありません。

家族カードの管理には要注意

ただし、家族カードを所有させるのであれば、管理には必ず気を配らなければなりません。
家族なのだから信用していないというのも悲しい話になってはしまいますが、実際にギャンブルやショッピングが理由で自己破産している方の場合、家族カードを自由に使わせた結果、今度は基の契約者が自己破産する羽目になってしまったという例はいくらでも存在しています。
なので、家族カードの利用状況には常に気を配る必要がありますし、常日頃から所有させておくというのも可能であれば避けたいところです。
あくまでも家族カードは契約者名義での借金になってしまうため、いくら自分以外が使用したものであっても、支払えないとなれば自己破産をするしか選択肢がなくなってしまいます。

離婚しても支払い義務から逃れられない

では、家族カードの支払いについて、夫婦が離婚した場合はどうなるのでしょう?

具体例を挙げれば、夫が過去に自己破産歴があったため自分名義のクレジットカードを所有出来ず、妻名義の家族カードを所有し、そして多額の借金を作ってしまった場合にこの夫婦が離婚したとしたら・・・?
この場合も支払い義務が夫側に移転することはありません。貸金業者側からすれば、あくまでも契約者は妻であるため、妻に対して請求をすることになります。

家族カードの管理が甘かった妻側に責任があるのです。
しかし、離婚するのであれば、その支払いを財産分与などで夫側に負担させることは可能となっています。
とはいえ、現実に夫側に支払い能力がなければ、結局のところ妻側が返済を強いられることになりますので、家族カードの取り扱いについては本当に気を配っていなければなりません。

本来は持たせないのが無難だが・・・

上記のような危険もあるため、本来であれば家族カードは持たせないのが無難です。
しかし、実際にクレジットカードが持てないというのは思っている以上に不便です。
常に現金を持ち歩かなければならないのです。

たとえば、出張などで遠出する場合であっても、一時的に支払った分は会社からの経費で落ちるとしても、カード払いができないとなると多額の現金を持って出張しなければならない事態も想定されます。これでは不便で仕方がありません。

自己破産をした方の場合、常に現金でお金を使い、一か月の収支に範囲内で生活できるようにするというのは非常に大切なことではありますが、クレジットカードがないことによる不便を解消するには、家族カードを保有する以外に方法はないと言えます。

家族カードの所有にルールを設ける

上記のように、生活の利便性を向上させるためにも家族カードが必要になる場面はいくらでもありますが、基の契約者がしっかり管理できるのであれば、家族カードの所有も決して悪いことではありません。
とはいえ、少しの油断で夫婦そろって自己破産なんてことにもなりかねないため、家族カードの所有についてはルールを設けるのが良いでしょう。

たとえば、家族カードは常に持ち歩くのではなく、必要があった場合にのみ手渡す、または、毎月の支払い状況を単に見るだけでなく、場合によっては週刻み日刻みで使用金額を確認するようにし、お金を使いすぎないように気を配るなど、ルールはいくらでも作成可能です。

いくら家族とはいえ、損害を被るのは契約者、最終的な支払い義務を負うのも契約者であることをしっかり認識し、より良い家庭生活、日常生活を送れるように工夫していきましょう。

家族カードの使い過ぎは専門家に相談を

しかし、いくら気を配っていても家族カードを使いすぎてしまうケースはいくらでもあります。
そういった場合は、素直に専門家に相談するのが良いでしょう。家族間でどちらが支払い義務を負担するかといった問題はあったとしても、貸金業者に対して支払い義務を負うのは契約者です。
家族間の問題は後回しにしても差し支えはありませんので、まずは、貸金業者との問題を解決させるために専門家に間に入ってもらうのが良いでしょう。
たとえば、自己破産にまでいかなくても任意整理や個人再生によって解決する方法もあります。

任意整理であれば長期の分割返済によって返済負担の軽減ができますし、個人再生であれば借金の返済義務の一部を免除してもらい、任意整理以上に負担の軽減が可能となります。
しかし、いずれの手続きも専門知識が必須となっていますので、家族カードを使いすぎてしまい、支払いが滞るようなことがあれば、必ず専門家に相談をしましょう。債務整理というのは着手が早ければ早いほど、デメリットの少ない手続きでの解決が可能となります。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ