名義貸しや連帯保証は自己破産と隣り合わせ

pixta_3378915_S

名義貸しや連帯保証が原因となって、自己破産せざるを得なくなってしまう方もいるのです。
それほどに名義貸しや連帯保証というのは、自己破産と隣り合わせになっています。
では、なぜ名義貸しや連帯保証は自己破産と隣り合わせなのでしょうか?

名義貸しの支払い義務は自分自身に

名義貸しのことを単に名義を貸しているだけで、支払い義務は貸している相手にあると思っている方はたくさんいらっしゃいます。
しかし、名義貸しの支払い義務は名義人にあるのです。
よって、名義を貸している相手が支払い不能になれば、自身に請求が来てしまいます。

いくら名義貸しだから支払いのことはわからないと債権者に伝えても、債権者からすれば名義人本人にお金を貸していることしか知りませんし、名義貸しだからというのは言い訳にもなりません。

また、多くのクレジット会社では名義貸しという行為自体を規約違反としています。
支払いをしないでいれば、裁判を起こされてしまう危険もあるのです。
これがきっかけで高額の請求がきてしまい、自己破産せざるを得なくなったという方も実際にはいらっしゃいます。
名義貸しの支払い義務は自分自身にあるのだと覚えておきましょう。

連帯保証人は連鎖破産の可能性大

連帯保証人とは、主債務者(メインで借入を受けた人)と同様の支払い義務を負うということです。
つまり、主債務者が1000万円を借り入れれば、その連帯保証人も1000万円の支払い義務を負うということ。そして連帯保証人が必要な債務というのは金額が大きいことがほとんどです。

よく、連帯保証人になってもらう決まり文句に「絶対に迷惑はかけないから」というのがありますが、そもそも支払いが滞らない保証なんてものはありませんし、いざ支払いが滞れば自身のもとに請求が来てしまいます。
絶対なんて言葉は信用するものではありません。

結果として、絶対に迷惑をかけないと言っていた主債務者が破産し、連帯保証人も連鎖するように自己破産せざるを得なくなってしまったという事例は過去にも数多くあります。
連帯保証人は主債務者と同様の返済義務を負うことと同義なため、いざというときに代わりに支払えるだけの財力と覚悟が無い方は、連帯保証人になるべきではありません。

名義貸しも連帯保証もしないように

pixta_21475703_S

上記のように、名義貸しも連帯保証も自己破産とは隣り合わせとなっています。
自分自身が作った借金ではないにも関わらず、自己破産して財産を失わなければならないという理不尽な状況になりかねないのです。
しかし、法的には名義を貸してしまったこと、連帯保証人になってしまったことに非がありますので、支払いするか自己破産するかしか選択肢はありません。
もし、このような状況に巻き込まれてしまった場合は、すぐに弁護士に相談し、自己破産をはじめとする債務整理手続きによる解決、または、原因を作った相手に対する求償権(代わりに支払ったお金を請求する権利のこと)の行使を依頼してください。

求償権とはどういったものか

上記で出てきた求償権という言葉の意味は、本来支払うべきではないにも関わらず、立て替えて支払いをした場合に発生するものです。
どういうことかというと、主債務者の支払いが滞り、連帯保証人が債権者に代わりに支払いをした場合、連帯保証人がした支払いは債権者との関係からみれば当然ですが、主債務者との関係で見れば決して当然ではありません。
つまり、「本来、主債務者が支払うべき借金を立替たので、その分は返してください」というのが求償権です。

しかし、求償権の回収というのは簡単ではありません。
その多くは主債務者がすでに自己破産しているケースが大多数なのです。

とはいえ、本当は支払えるだけの資力があるにも関わらず、支払いをしないでいるケースも実際にはあります。
こういった場合、連帯保証人である自身が立て替え払いしたことにより発生する求償権を行使し、主債務者に請求していくことが大切です。
まだ泣き寝入りするには早いということです。

求償権の行使による回収は弁護士に

もし、自身が連帯保証人になり、主債務者の代わりに立替払いをしたとなれば、求償権の行使による回収を試みましょう。
しかし、実際に回収するのは簡単なことではありません。

そこで、どうしても諦めきれないといった場合は、弁護士に相談することをオススメします。

弁護士の中には自己破産といった債務整理だけでなく、債権回収業務といって求償権の回収を行っている弁護士もいます。
支払いをしない相手からお金を回収するのは簡単なことではありませんが、弁護士のサポートによって実現したケースはいくらでも存在しています。

自身が名義貸しをしたり、連帯保証人になってしまい、自己破産したのであれば関係ありませんが、債務整理によって返済の一部を立て替えたとなれば、その分はしっかりと主債務者に支払ってもらいましょう。

ys

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ