自己破産手続き中の浪費行為は危険?

imasia_12617512_S

自己破産手続き中はなにかと心配が募ってしまいます。
特に、過剰なショッピングやギャンブルといった浪費をしてきた方は、「免責がでないのではないか?」との不安が頭をよぎってしまっても仕方ありません。

では、実際に自己破産手続き中は可能な限りおとなしくしていた方が良いものなのでしょうか?
もし、自己破産手続き中に浪費行為が裁判所に見つかったとしたら、何か不利になってしまうことはあるのでしょうか?

今回は、自己破産手続き中の浪費行為について見ていきましょう。

不利になることはありません

自己破産では、過剰な浪費行為を免責不許可事由としています。
場合によっては、免責決定が出ないこともある危険な行為となっています。

しかし、ここで問題になっているのは、ギャンブルやショッピングそのものではありません。
これらが理由で多額の借金をしてしまったことが問題視されているのです。

どれだけショッピングやギャンブルにお金を浪費している方でも、それを賄えるだけの収入があればなんの問題もありません。
自身の収入で賄える範囲を超えてしまい、多額の借金を作ってしまったため、自己破産の申し立てへと至っているという前提を忘れないようにしましょう。

つまり、自身で賄える範囲内であれば、遊興費としてお金を使用する分には、なんら問題にはならないということ。
よって、現在ある借金(自己破産手続きの対象となる借金)以外に、新たな借金をしてショッピングやギャンブルに興じてでもいない限り、原則として問題視されることはありませんし、当然、不利になるようなこともないのでご安心ください。

自己破産申し立て後の収入は原則自由

pixta_22342180_S

しかし、浪費するほどのお金があるなら、債権者から1円でも多く返済しろと言われるのでは?といった心配をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

こちらに関しても特に心配はありません。

というのも、自己破産申し立て後(厳密には破産手続き開始決定後)に得た、給与などの収入は新得財産といって、破産手続き上、「自由財産」として取り扱われることになっています。

自由財産とは、その名のとおり、破産者が自由に使うことが認められている財産のことです。

つまり、新たに得た給与などの財産は、自己破産手続きの中で使用を制限される財産ではないということ。

たとえ、債権者が自己破産申し立て後に裁判などで返済を請求してきたとしても、破産手続き開始決定後に破産者に対するすべての差し押さえは禁止されることになっています。
自己破産申し立て後に得た収入は、原則、自由となっているのでご安心ください。

そもそも裁判所に知る手段がない

また、そもそも裁判所には申し立て後のお金の使途までを知る手段がありません。

自己破産するからといって、破産者に密着してどのようにお金を使っているのか?果たして本当に浪費はしていないか?といったことを調べるなんてことはありません。

裁判所からの監視の目があるわけではないので、そこまで気にする必要はないというのが結論です。

ただし、1点だけ注意しなければならないことがあります。
それは、破産管財人が就いている場合です。

破産管財人とは、手続きをスムーズに進めるために、裁判所から依頼を受けた破産手続き処理の専門家のことで、主に弁護士資格を有するものが裁判所から選任されることになります。

この破産管財人が就いている場合、自宅を訪問したり、郵便物をチェックしたりといったことを財産調査の一環として行います。
この過程で自己破産中の浪費行為が知られてしまう可能性がまったくないとは言い切れません。

実際に自宅にまで訪問してくる破産管財人はまずいませんが、可能性が0ではないという意味では、絶対にバレないと言い切れることはできません。

もし、ここで破産管財人に知られてしまえば、そのまま裁判所にも伝わり、反省していないと注意を受けてしまう危険性があるため、破産管財人とのやり取りには気を配るようにしましょう。

いずれにしても免責決定は出される

pixta_22310232_S

とはいえ、いずれにしても免責決定が出ないことはほとんどありません。
何度注意しても反省が見られないといった、よほど悪質な破産者でない限り、免責決定は出される取扱いになっています。

今までショッピングやギャンブルを理由に借金を重ねてきた方が、免責不許可事由という言葉を見ると不安になってしまうのも仕方ありませんが、自己破産申し立てをする方の多くは、なにかしらの免責不許可事由に当てはまっていることが多いのです。

程度が軽ければ、そもそも問題視すらされずに手続きが進むことになっていますし、たとえ免責不許可事由に該当していると裁判官に判断されてしまっても、最終的には「裁量免責」という形で免責決定は出ることになっています。
裁量免責とは、裁判官の判断で免責決定が相当だと判断することで、この制度があるために日本の破産申立は9割以上が免責決定で終了しています。

自己破産という手続きは、どうしても不安になってしまいがちですが、裁判所や専門家の指示に従って1つずつ手続きをこなしていけば、まず間違いなく免責決定は出るのでご安心ください。
そもそも、免責決定の見込みがない破産申し立てを専門家が受任することはないので、専門家が手続きに着手してくれた時点で、免責への不安はおおよそ解消されるといえます。

浪費行為から離れられるようになろう

上記の点に気を配っていれば、たとえ自己破産の手続き中にギャンブルに興じていたとしても、不利益が生じることはないと言えます。
とはいえ、自己破産でせっかく借金に悩まされない生活が手にはいるというのに、また同じことを繰り返していては意味がありません。

1度自己破産をしてしまうと、その後、原則として7年間は再度の自己破産はできなくなってしまうため、これを機に過剰な浪費行為から離れられるようになりましょう。

自己破産という手続きを、新たな人生をスタートさせるきっかけにするのが理想的と言えます。
お金の使い方を今まで以上に考えるようにし、浪費行為から離れられるようになってください。

自己破産後の生活について

それでは最後に、自己破産後の生活についても見ていきましょう。

自己破産後は、個人信用情報機関に事故情報が登録されてしまう関係で、数年間は新たな借り入れができなくなります。
一見、こちらはデメリットであるように感じますが、これ以上は借金が増えないと考えれば、あながちデメリットと言い切ることもできません。

自己破産の手続き前は、気づけば増えていた借金も、手続き後は借金が増える心配をする必要がなくなるのです。ただし、新たな借金ができないということは、現金をどのように使うのかよく考えていかなければなりません。
いかなる支払いも現金一括が基本になります。

とはいえ、現金一括払いであれば、自己破産で処分されてしまうような時価で20万円以上の高価な商品も購入できますし、もう債権者に回収されてしまう心配もありません。

また、日常生活を送っていれば意図せず病院にかかったり、冠婚葬祭があったりと、急な出費が必要になることも当然あります。
こうした事態に対応できるように、貯金する癖をつけておくのが良いでしょう。借金に悩まされていた方にとって、貯金できる喜びは一層大きいものです。

自己破産に不安はつきものですが、手続き中、手続き後と、それほど不安に感じることはありません。
安心して自己破産手続きに臨んでください。

 

ys

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ