自由財産はどこまで自由なのか?

pixta_1687426_S

自己破産の手続きには、自らの意思で自由な処分が認められている「自由財産」があります。
どういったものが自由財産になるかというと、破産手続き開始決定後(裁判所への申立後、最初に出される決定のことで、この決定がでないと自己破産はできない)に取得した財産や、99万円以下の現金、生活必需品として差し押さえ禁止に該当している財産などがあります。

では、ここでいう自由財産とはどこまで自由なのでしょうか?
たとえば、家族や親族といった特定の個人からの借入があった場合、自由財産を用いて返済することは認められるのでしょうか?
今回は、自由財産はどこまで自由なのかについてご説明していきます。

裁判所によって運用が異なるのが自己破産

上記について考えていく上の前提として、自己破産という手続きは裁判所によって大きな違いはないにしても多少は運用や考え方が異なるという点は無視できません。
原則は「破産法」という法律に則って行われるのですが、破産法だけでは対応できない細かい事情があれば、各裁判所の運用と判断に任されているのです。

さて、自由財産というくらいなのだから、特定の個人に返済しても問題がないようにも感じられますが、実際には、これを偏波弁済(へんぱべんさい)に該当すると考える裁判所もあれば、自らの意思での自由財産の放棄なので問題ないと考える裁判所もあるのです。
偏頗弁済とは、特定の債権者に対してのみ返済する行為を指し、破産法ではこれを免責不許可事由(免責決定を出すに値しない行為)としています。

とはいえ、いくら自由財産の破棄なので問題ないと判断される事例が過去にあったとしても、実際に特定の個人に対して自由財産を用いて返済するとなれば、偏頗弁済を疑われる危険もあることから、あまり実施すべきではないと言えるでしょう。

偏頗弁済でなければ良いのか?

では、返済が偏頗弁済でなければ良いのでしょうか?
たとえば、特定の個人ではなく、他の債権者に対しても平等に返済をすれば偏頗弁済にはなり得ません。

免責不許可事由とされているのは、あくまでも特定の債権者にのみ返済した場合です。
こちらは一見、平等な返済になるため問題がないように見えますが、これに関しては正直、破産者側にメリットのある行為ではないので、無理に自由財産を返済に充てる必要はありませんし、この実施を推奨する弁護士もまずいません。そんなことより、自己破産後の生活に充てたほうが良いでしょう。
自己破産するのであれば、無理に債権者に対して返済を継続する必要はないのです。

特定の個人に対しては手続き終了後に

とはいえ、自由財産を用いてまで返済したいと感じる特定の個人がいらっしゃる方も、中にはいるはずです。
貸金を業務として行っている貸金業者とは違い、必ず返済するといって個人的に借金した相手となれば、特別視してしまうのも無理はありません。
そこで、こういった場合はすべての自己破産手続きが終了した後に行いましょう。
ここでいう手続き終了後というのは、具体的には免責許可決定から1か月後の免責許可の確定後となります。

自己破産という手続きは、専門家を交えた数ヵ月の準備期間の後、裁判所へ申立をし、冒頭で触れた破産手続き開始決定によって法的手続きの本当のスタートをきります。
そして破産手続き終了後(省略されるケースもあり)、免責許可の手続きへと入り、免責許可決定、免責許可決定の確定と進み、早ければ3ヶ月程度で終了します。
なお、免責許可が確定したということは、今まであった債権者への支払い義務はすべて法的に免除されたということです。
しかし、任意で債権者に対して返済する分にはなにかしら問題が生じることはありません。たとえ免責が確定したとしても、今まであった債務は「自然債務(返済義務のない債務)」として残っているという考えかたがあるのです。
よって、どうしても返済したい相手がいる場合は、免責の確定後に行うのが良いでしょう。

返済の約束や書面化などはしないように

上記のことから、自己破産の手続きがすべて終了すれば、個人的な借入を任意で返済する分には問題ないことがわかりました。
しかし、返済を事前に約束したり、書面化したりといったことはしないようにしましょう。
自己破産という手続きは、すべての債権者に平等でなければなりません。
これを「債権者平等の原則」といって、裁判所もこの原則に重きを置いています。

それにも関わらず、特定の債権者にだけ返済を約束したり、その約束を書面化したりとなれば問題にならないはずがありません。
偏頗弁済ではないにせよ、偏頗的であると判断され、手続きが不利になってしまうこともあるのです。
この点にだけは必ず注意し、すべての手続きが終わるまでは大人しくしているのが無難です。
個人の借入である以上、そこには人間関係があるとは思いますが、手続きが終わってから改善していく努力をしましょう。

ys

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ